カーチス P40-E ウォーホーク(戦闘機)

概要


製造者: カーチス・ライト社
用途: 戦闘機
愛称: キティホーク
展示場所: 格納庫79

背景

P-40は、第二次世界大戦中に14,000機以上製造されました。同系機種と比べてスピードや操作性は劣るものの実用性は高く、多くの戦場で運用されました。

カナダ空軍用に製造されたP-40E キティホーク版には、アメリカ合衆国義勇軍(AVG)“フライングタイガース”のマーキングがつけられていました。蒋介石に雇われたクレア・シェンノートは米軍からリクルートしたパイロットからなるアメリカ合衆国義勇軍を率いて、中華民国空軍の兵籍に入りました。フライングタイガースは1941年から1942年にかけ、相手の戦闘機を299機撃墜したと言われています。

この耐空性に優れた戦闘機は、以前イギリス空軍で練習機として運用されていたものです。1969年に所有権が変わり、映画「トラ・トラ・トラ!」の撮影用にハワイへと輸送されました。この航空機を購入したのはフライングタイガー航空で、1980年から1981年にかけ復元を行っています。この機体には、機体番号の67、フライングタイガース及び第3追撃隊(通称 ヘルズエンジェルス)のアートが施されています。この戦闘機は、AVGのエースだったフライングタイガー航空創始者のロバート・プレスコット会長と、パイロットやサポートクルーとして中国戦線を戦ったフライングタイガース構成員の1981年のリユニオンを記念して復元されたものです。

P40-E ウォーホークについて

製造者: カーチス・ライト社
初飛行: 1938年10月14日
推進機関: アリソン V-1710
全幅: 11.38 m
全長: 9.68 m
全高: 3.76 m
重量: 4,128 kg
最高速度: 582.6 km/h
巡航速度: 434.5 km/h
実用上昇限度: 8,839 m
航続距離: 1,368 km
定員: 1名
武装: 翼内に50口径重機関銃6挺、317.5kg爆弾