フォードアイランドにおけるアメリア・イアハートの航空事故-1937年3月20日 ~Part2~

ルークフィールドの滑走路上のイアハートの航空事故後の機体

フォドアイランド航空事故の事実 

part1はこちら

1937年3月20日、離陸事故が発生した時、イアハートはロッキード・エレクトラを操縦していました。フォードアイランドの北東部まで牽引された後、彼女は滑走路にラインアップし、離陸の準備を整えました。しかし、彼女がエンジンを立ち上げると同時に、機体は右に逸れました。彼女はスロットルを調整して元に戻そうとしましたが失敗し、機体は雨に濡れて滑りやすくなっていた滑走路で旋回しました。

機体と貨物とクルーの重みで航空機は激しく右に傾き、右側の着陸装置が押しつぶされ、機材は大変なダメージを受けました。彼女のロッキード・エレクトラは修理可能でしたが、また飛行可能となるまでには時間を要します。イアハートは次の挑戦を計画するため、ハワイからカリフォルニアへと去って行きました。

Part3へ続く

2018年3月21日更新