博物館の歴史 Part-3

博物館の歴史 Part-3

1941年になると、米太平洋艦隊の船舶がフォードアイランドに集結するようになります。真珠湾攻撃のあった12月7日の日曜日は、沖合に巡洋艦デトロイトやローリー、水上機母艦タンジールといった米国最大級の艦隊船舶が係留されていたほか、ネバダ、アリゾナ、テネシー、ウェストバージニア、メリーランド、オクラホマ、カリフォルニア、ユタという8隻の戦艦が停泊していました。また飛行場や格納庫にも、米海軍の哨戒機や偵察機が数多く待機していました。運命の朝、いつもならフォードアイランドに停機するはずのおびただしい数の艦載機は、海上演習のため航空母艦の上に停機していたのです。

2017年9月13日更新